BRAVIA KDL-40EX72S HDD録画テスト

とうとうアナログ放送終了しましたね

奇しくもギリギリのところで入れ替える羽目になった我が家の
BRAVIA「KDL-40EX72S」ですが、気になっていたHDD録画機能を
試して見ました

外付けHDD録画テスト その1

最近のHDD録画対応テレビで気になっていたのは、専用の外付けHDD
でなければ録画できないのか、と言う点でしたが、とりあえず手持ちの
HDDをUSB接続キットを使ってテストしてみました

使ったのは、USB接続キットに玄人志向の「KRHC-SATAIDE」
これは、2.5~3.5インチのIDEおよびSATAドライブをUSB接続するキットと
しては一般的な製品で、部屋に転がっていたものです

肝心のHDDドライブは家捜しをして、IDE接続の80GBのものを見つけました
ドライブ自体の性能はたいしたことないようですが、なんだったかのノートから
交換してしまいこんでいたヤツだったと思います

外付けHDD録画テスト その2

詳細はクリック

5400rpmで速度的にもなんの変哲も無いHITACHI製ドライブでした
さっそく、コネクタ部に差し込んでKDL-40EX72S背面にある外部HDD
接続用のUSBポートへ差し込みます

後は、KDL-40EX72Sのメニュー画面から、接続機器設定を行いますが
既にHDDはなんの問題もなく認識されていて拍子抜け

機器の登録だけ済ませて初期化してみると、80GB容量が実際は70GBの
録画用HDDとして利用できました

試し録画も問題なし

これ、番組表から簡単に録画設定できて本当に便利っすね
ややこしい録画設定などもなく、手間要らずで良いです

ビットレートやらはおまかせでしたが、撮ってみるだけの条件では
特に不満もありません

消費される容量は30分で約3GB程度でしょうか

試しに接続してみたものの、あっさり使えてしまい更にはテレビ大好きの
嫁さんがそのまま使い始めてしまったので、容量は少ないですがそのまま
繋ぎっぱなしになってしまいました

後はケーブル契約のCS放送をこのパターンで録画できれば
本当に便利なのですが、スカパーe2では見たい番組が限られるようで
乗り換え出来ないのが現状です

ケーブルチューナーには、i-Linkが搭載されているので、こちらは
Rec-pot等の別機器があればと言うことなので、またの機会に・・

と、言うことでKDL-40EX72Sの外部HDD録画テストはあっけなく終了!
このパターンでOKと言うことはおそらく大抵の外部HDDで録画できると
言う事に他なりませんが、すべてのHDD録画対応BRAVIAでOKかどうかは
わかりませんので、お試しの方は自己責任でおねやいします!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です