Lenovo ミニ・ワイヤレスキーボード N5901 今更レポ

昨年末に、クーポン割引でゲットしたLenovoのミニ・ワイヤレスキーボード
「N5901」をようやく開封してみた

リビングPC用途として、以前から興味があったので楽しみにしてたのが
キーボードとかマウスなどは使ってみるまでわからんからなぁ

Lenovo ミニ・ワイヤレスキーボード N5901 開封時

まず、ひとこと言っておくと、とにかく到着時に驚いたのが、箱がでかい
でかすぎる!確実にノートPC用途の箱ですやん、やっぱそれ用しか
ないんでしょうか

しかも、そのまま入ってます
紙程度の緩衝材も入れないのね

Lenovo N5901 配送箱

久々に大胆な梱包状態から、気を取り直して商品を取り出し開封します

ワイヤレスはBluetoothではなく一般的なものですが、ドングルが本体に
内蔵しておけるのは便利

Lenovo N5901 ドングルを収納できる

本体裏の電池ボックス内にドングルの収納部分があります
もちろん電池(単4×2)もここに収まります

Lenovo N5901 サイズ感

全体的なサイズはかなり小さく感じますが、トラックボール(マウス)の
操作感は悪くありません

スクロール操作を考えると、片手で使うことは難しく、クリックも
やりづらいので、基本は両手持ちしかできないでしょう

Lenovo N5901 キー

キー入力ですが、こちらも両手でつかんで親指入力がデフォですが
ごらんのとおり、キー配列が結構特殊

ためしに、リビングのWindowsXPマシンに接続してみましたが
接続そのものに問題は何もありません、正式にはVistaとWin7のみ
対応になっていましたがXPでもドライバーは自動的にインストールされ
基本的な動作に問題はありませんでした、とにかく電源を入れるだけで
使える手軽さは良い

ちなみに、ボリュームコントロールもちゃんと効いています

入力に関しては、いくつかのキー、特にURLの入力等に使うキーは
メディアボタンに割り振られている為、Fnキーで手軽に入力できますが
なぜかコロン「:」がない・・・・これはさがしまくって、Fn+「け」で
入力される事を確認

この他にも、入力モードの切り替えがイマイチ不明だったりと
多少クセっぽく、慣れは必要ですが我が家のリビングPCでは
キーボードの収納場所を考えると重宝しそうです

キー自体は、ぷらすちっきーで入力時もカコカコ言うのですがゴムの
ヘナヘナなものよりはマシかな

さて、こうなるとがぜん、後継機種の 「N5902」に興味がわきます
使ってみてどうしてもスクロールが無いがゆえに、両手をつかわざるを
得ない「N5901」に対して、きっちりと片手操作を追及した「N5902」
その差は大きいのですが、使用頻度を考えると新たなクーポン待ち
ですね

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です