イオンSIMとIIJmioの低価格 定額データ通信を比較する

通信コストを見直すとどうしても気になる低価格な定額データ通信
サービスをこの際なので比較してみる

「イオンSIM」ことb-mobileのプランAと、新規参入のIIJが提供する
IIJmio「ミニマムスタート128プラン」をそれぞれ契約し、テスト開始!

低価格 定額データ通信サービス

私が知りたかったのは、詳しいサービスの違いなどはさておき
単純に月額¥1,000までの定額通信サービスが、実質どの程度
使い物になるのかが興味の対称である

まず、「イオンSIM」の方はその名の通り、イオンでのみ販売されて
いる為、近くのイオンで購入した

申し込みから受け取りまで30分程度で済み、クレジットカードと
身分証さえあれば即使える手軽さは良い

一方のIIJmioのサービス「ミニマムスタート128プラン」は
オンラインで申し込め、SIM到着まで3日程度かかるが、パッケージも
なんかオサレ

中身はいずれもシンプルでAPの設定情報とSIMが入っているのみ

低価格 定額通信サービス SIMカード

体感テスト前に、簡単に各サービスの違いをおさらいしておくと

b-mobile「プランA」
・月額費用 ¥980 / 初回手数料 ¥3,150は受付時に支払い
・上下共100kbpsのベストエフォート

IIJmio「ミニマムスタート128プラン」
・月額費用 ¥945 / 初回手数料 ¥3,150引き落とし
・上下共128kbpsのベストエフォート
・LTE対応

いずれもドコモ回線を利用したMVNOで、IIJmioのみLTE対応と
なっているが、今回は後の増速オプションだとか、コース変更だとか
一切考えず、オトコまえに128Kbps以内で勝負できるか!が
ポイントとなる

あくまで体感的なテストなので、128kbps回線に無理な期待感を
抱かないよう、何秒?とか野暮な記載はせず

あくまで使えるのか?使えないのか?が知りたいわけです

体感テストのルールは、OptimusPad L-06CにそれぞれのSIMを
交互にセットし、Oprea mini nextを使ってPC版Yahooのトップページ
表示までの体感速度、Yahooトップからヤフオクトップまでの表示体感
速度を比較します

完全に読み込んだかどうかについては、読み込み始めからリロード
ボタンが表示されるまでを判断しています

Opera miniを使ったのは、実際問題128kbps程度の回線で
まともにブラウジングするには、現状選択肢は他に無いこと

また、YahooトップのFlashスペースはランダムに読まれますが
そのあたりはしかたなしと考えます

もちろん、SIMを変更するにあたっては、キャッシュをクリアする事を
忘れないルール(笑)

さて、そのテスト結果は以下の動画を見よ!!

結果はやっぱりおおよその評判どおりIIJmioの圧勝でした
実際IIJmioとOpera miniの組み合わせは、128kbpsでもちょっとした
調べ物程度は十分実用的な印象です

回線速度も比較してみましたが
イオンSIM 下り 56kbps~86kbps程度なのに対してIIJmioは128kbps超え
の138kbps~168kbps程度が出ていますので、サックリ倍は速いって事に
なります、またpingの応答速度も大きく違い、IIJmioではおおむね140ms
程度なのが、イオンSIMでは軒並み1640ms~2000ms超えになる事が
多く、レスポンスの悪さが露呈しています

Opera miniではブラウジングの際に、Operaサーバー側で画像を圧縮し
データサイズを小さくして分割表示するなど、独自のアルゴリズムで
標準ブラウザよりも圧倒的に速いのですが、イオンSIMにはもともとブラウザに
依存せずb-mobile側のサーバーで画像を圧縮して送り出す機能を持たせて
ありますが、標準ブラウザで試してみても、やはりIIJmio有利なのは
変わらずでした

TwitterやFacebook目的でスマホを持ち歩くには、これで十分と実感
できました、もちろんYoutubeはNGです、再生は出来ますがやはりバッファ
不足が頻繁に起きるので、10秒~15秒程度の読み込み待ちではあまり
見ようという気にはなりません

私がよく使うGoogeleマップでは、検索等に多少の待ち時間が必要なものの
IIJmioではなんとか我慢できるギリギリの速度でした

カーナビ代わりに、GoogleNAVIを使いたい人も必要十分と言えます

まとめる必要もないかもしれませんが、ひとつ補足しておくと、時間帯や
利用状況によって大きく左右される可能性もあり、時間帯によっては僅差に
なることもあるようです

イオンSIMでも完全に読み込むまでまたずとも、一般的な使用感としては
検討しており、ライバルがなければ我慢できたかもしれません

これらの条件からすると、今後は250kbpsのベストエフォートでよいので
月額¥1,200でやってくれるところが出てくれれば、私的にはより理想
なんですがねぇ

You may also like...

10 Responses

  1. bibara より:

    はじめまして。ヤフオクトップまでの速度比較、とても参考になりました!ところで、ヤフオクの入札や出品作業時の速度は我慢できる程度なのでしょうか?

  2. WBL より:

    bibara さん

    こんにちは、参考になればなによりです・・

    IIJmioの快適度については、個々人の許容範囲にもよるので
    なんともいえませんが、私の場合は特に不満の無い速度です

    また、残念ながらスマホから出品した事がありませんので
    アップロードについてはなんとも言えませんが、現実的には
    出品時は私ならWiFiを使うでしょうね

    IIJmioは遅いながらも、レスポンスの良さが売りですので
    入札に関しては時間ギリギリで競らない限りはそこそこ大丈夫
    かと思います

    とにかく契約期間に縛りが無いので、気軽に体験するつもりで
    始めてみてはいかがでしょう、初期費用はかかりますけど・・

  3. bibara より:

    丁寧なお返事、ありがとうございます!
    携帯からの出品が¥0なのでIIJmioを利用したいと考えていたのです。
    自宅PCのWiFiが使えるのですね。(スミマセン、基本的な事も曖昧で・・・
    最近、PC横のバッファローにWiFiアンテナがあることに気づきました・・・)

    是非、利用しようと思います!!!ありがとうございました。

  4. susumu1246 より:

    上記のヤフオク利用の人、全くわかってないな。
    そもそも携帯出品をけちる人が、モバイル環境必要だろうか。
    まじめに答えるだけ損。
    こういうけちけち節約術は自分で調べる物。

  5. Cozy より:

    ホント参考になりました。
    イオンSIMとIIJmioのどっちにするか?
    他にもあるのか?
    って、悩んでました (^^;

    IIJmioが、最善が現状では最善みたいですね!

  6. WBL より:

    Cozy さん

    最近だと新たに「ServersMan SIM 3G 100」みたいな
    更に安価なサービスが出て来ているので、いつまでも
    安泰ではないと思いますが、用途によってIIJmioは現状では
    最善だと思います。

    個人的には、256kbpsで¥1,280とかやってくれれば
    理想なんですがねぇ〜

  7. hirosi より:

    今日イオンモール行ったら,iijmioのSIM売ってた。1000円分のクーポン付で。
    イオンSIMは撤退ですかね?
    256kbpsで¥1,280は私も賛成です。

  8. WBL より:

    hirosi さん

    マジですか?!、イオンモールでIIJmioのSIMが?!
    それはイオンSIMは撤退かもしれないですね

    256kbpsに賛同して貰えて嬉しいですが、本当にどこか
    やってくんないかな、IIJmioには密かに期待したいんだが
    シロウト考えなんですかねぇ〜

    256kbpsを超えたりせず、キッチリ256kbps縛りで
    良いんだけどな・・

  1. 2012年6月11日

    […] イオンSIMとIIJmioの低価格 定額データ通信を比較する | HOBBYHOUSE.JP結果はやっぱりおおよその評判どおりIIJmioの圧勝でした IIJmioだけじゃない!格安データ通信「hi-ho LTE typeD」まとめ – N […]

  2. 2012年6月28日

    […] 900円帯 http://www.youtube.com/watch?v=9vmXtU8xHFM http://hobbyhouse.jp/item/606.html 281:SIM無しさん:2012/05/15(火) 00:16:34.78 ID:JaTQqz8a:281 >>279 サンクス。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です