OptimusPad L-06C CyanogenMod9 新ビルドApr18を試す

OptimusPad L-06CをAndroid 4.0.4(IMM76D)化できる待望の
CyanogenMod9ですが、新ビルドが出ていましたので早速試してみる

前回同様に、まだまだ未サポートな部分や問題点もいくつかあるが
音量も適正になったり、私的にはサクサク感がアップしたりと、より軽快
になった印象です

CyanogenMod9 newbuild April 18

前回のビルドバージョンは「Apr 15 」でしたから、わずか3日間での
アップデートと言うことで、大きな変更点は無いようですが、着実に
良くなりつつあります

現在動作するのは

・Audio
・Hardware Acceleration
・WiFi
・GSM
・GPS
・Bluetooth
・Accelerometer
・Gyroscope
・Compass
・Touchscreen

と記載がありますが、Bluetoothはまだためしてません

未サポートはマイクやカメラが前回からも未サポートのままですが
今回は何気にサクサク感が増してる感じがするので、好印象です

私的にはIIJmioでの接続時に、スリープ復帰しない事が多々発生し
(Wi-Fi環境では発生しない)その度にリセットするハメになっていた
のですが、今回はまだ発生していません

ところが、今回はWi-Fi接続がスムーズではありません
自宅内のアクセスポイントを設定しても「圏外」表示で接続してくれず
一度接続しても3G接続後に復帰しないなどの症状が出ています

現在、原因探っていますが、ステルス機能などでSSIDを隠蔽していると
ダメっぽい感じ・・

いずれにしても、配布先にハッキリとスリープに関してはまだいくつかの
問題をかかえていると記載されていますので、この辺りも期待して待つ
立場でしかないのですな

さて、新ビルドの導入方法ですが、ここからダウンロードできます

ファイルは「update-cm-9.0.0-RC0-v909-UNOFFICIAL-signed.zip」
となっていて、特にビルド番号はつきませんでした

インストール方法は、前回の記事と同じ手順でOK。私的な方法として
2バージョンのCWMとgappsのインストールを行います

CWMのバージョン等によって

assert failed: getprop (“ro.product.device”) ==v909 || getprop・・・
(status 7)

などのエラーが出てインストール出来ない方は試してみてください

言うまでもなくですが、導入後は環境がリセットされますので、必要に応じて
先に「 Titanium Backup 」などでバックアップしておくことをお勧めします

OptimusPad L-06C Android 4.0.4 newbuild

You may also like...

3 Responses

  1. WBL より:

    やっぱり、SSDIをステルスモード等で非表示にすると
    再接続不可っぽいコレに限らず、Android環境では
    他にも起こってるみたいですが、前バージョンのビルド
    では、問題なかった・・と言うか、気にもしてなかった
    のであせりました

    とりあえず、AP側の設定をしばらくは変更して使います
    ステルスにしたからと言ってさほど意味があるわけでは
    ないですけどね

  2. lay より:

    こんにちは。はじめまして

    通知Ledがつきっぱなしですけどこれって消せますか?

  3. WBL より:

    lay さん

    こんにちは。通知LEDの件ですが、RootzWiKiのクレジット
    ページの未解決問題リストにも記載がありますが

    まだ、ROM自体がデバッグモードとして赤点灯時はスリープ
    緑点灯時はスリープ解除(7秒点滅して消灯)とありますので
    おそらく消すのはムリなんじゃないかな

    私は最近気にならなくなりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です