HDR-FX1にエラーコード「C:31:40」が発生した!

久々に、テープをチェックする用事があって「HDR-FX1」を動かしてみると
テープの飲み込みが悪く、なんだか甲高い音もする

とりあえず、テープを飲み込んだところで再生してみるも、テープが回って
ない様子、しばらくするとエラーコード「C:31:40」が表示された

どうやら、テープ走行に関するエラーらしい

HDR-FX1 エラーコード C:31:40

まぁ、壊れる時は突然なんだけどね、これは困った
ご丁寧に「カセットを入れなおしてください」とか出てますが

ソニーサービスの修理相談窓口に電話してみると、まずは
マニュアルに即した通例どおり、まずはバッテリーをはずしてみて
1~2分放電してみよとのこと

HDR-FX1 テープ走行エラー

再度、テープを入れ替えてみるも、挙動は同じで、これは完全にアウツな
感じで、カバーをあけたままで見てても、テープが回ってないのが確認できる

これは、修理しかしょうがないかって事で、まずは引取りと見積の手配を
お願いしたが、HDR-FX1に関しては定額修理ではないと恐ろしい事を
(知ってましたが)言われたので、後々の為にこの記事を書いておく事に
した

HD以前のハンディカムなら、もろもろの交換で¥18,000~¥20,000ぐらい
と理解しているが、果たしてどうなるのか

それから、今回ついでなので、以前から興味のあった外装部品の交換
を一緒に見積ってもらう事にした、こちらはあくまで興味本位で絶対では
ないが、外装を新品同様にするとどの程度かかるのか、なかなか調べても
出てこないのでこの機会に確認しておくことにする

正直、現時点でFX1にあまり経費はかけられないので
修理するかどうかについては見積次第と言う事で

You may also like...

1 Response

  1. WBL より:

    見積の結果ですが、予想以上に高く付く事が判明しました

    ・メカデッキ・・・¥5,000
    ・ドラム・・・¥7,600
    ・レンズASSY・・・¥77,800

    技術料が¥21,000に後なんだったかで¥3,000
    いずれも税別なので、税込みトータルで¥120,120
    との事でした

    レンズASSYの交換が必要だったのは、見積調査の際に
    アイリスの動作に問題があったらしく、最小絞りが不良だったようで
    撮影条件によっては露出オーバーになる可能性があるとの事でした
    いつから動作不良だったのか気になるところです

    ちなみに、外装部品のオーバーホールは各部細かく分かれている
    ようで、キャビネット周りの¥4,800やフードの¥4,800を加え
    フルオーバーホールすると¥204,710になるそうです

    はい、すみません、今回はあきらめました
    さらばFX1、ありがとうFX1
    これを気にテープレスカメラへの乗換えを決意しました

    実売20万前後のカメラでファイルベースだと、HXR-NX70Jが
    最有力ですが、FX1のオペレーションに慣れた身には使いづらく
    いよいよメインカメラの選択肢としてはSONY製品が当てはまらなく
    なってきましたよ、本当はHVR-Z5Jが欲しいんですがね・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です